不動産の収益物件で得る不動産の収益物件で得る賃貸収入

生命保険の代わりにもなる不動産投資

生命保険の代わりにもなる不動産投資

不動産投資を生命保険の代わりとして利用することもできるそうです。

金融機関で、ローンを組んで、アパートやマンションなどの収益物件を購入した場合は、そのローンの種類によっては、団体生命保険に加入することができるそうです。

この保険に加入しておけば、ローンの名義人が、死亡した場合は、残りのローンはこの保険から支払われますから、ローンが完済されたことになり、購入したマンションやアパートはそのまま家族のもとに残されますから、家族はそこから得られる賃貸収入で生計を立てていくことが可能になります。

この仕組みを利用して生命保険の代わりと考えて、不動産に投資しておく方もいるようです。

普通の生命保険だと、毎月保険料を収める必要がありますが、この保健はローン返済の中に組み込まれていますし、返済は収益物件から得られる賃貸収入で賄えますから、こちらの方が有利と考える方が多いようです。

また、アパートやマンションのように住宅用の土地は相続税が、軽い負担で済むのでこの点でも有利なようです。

数部屋だけ購入することも可能

アパートやマンションのような収益物件は、一つの建物を丸ごと購入する方法と、その建物のうちの数部屋を購入する方法とがあるそうです。

不動産投資に使える自己資金が少なく、少額から始める場合は、1部屋から購入することも可能なようです。

不動産の収益物件の情報

この方法ならば、比較的容易に不動産投資が始められますし、うまく行かなかった場合でも、それほど大きな損失になることは無いように思いますから、初めて収益物件を購入する時は、少ない資金で始められることが可能なこの方法の方が良いようにも思います。

ただ、1部屋しか所有していない場合は、その部屋に入居者が見つからなければ、収入は0ということになり、いろいろな諸経費だけがかかってしまうというリスクを覚悟しておく必要があります。

ただ、1棟丸ごと所有した場合でも、十分な入居者が集まらなければ、損失が出てしまうのは同じことなので、これは、1棟丸ごとであろうが、数部屋だけの購入であろうが覚悟しておかなければならないリスクと言えそうです。